SEO対策とサイトの階層

ホームページ制作やECサイト構築でもサイト構造については気を配るのではないでしょうか。サイトの構造化というのは、サイトの深さを指します。すべてのページがトップページからアクセスできる場合には、階層は1となります。

トップページからアクセスするのに、2段階のリンクを経る場合には、階層は2となります。階層はある程度は必要となります。階層が1のウェブサイトは、コンテンツが充実していないと判断される事になります。

SEO対策ではある程度の階層が必要となりますが、あまりにも階層が大きすぎる場合には読みにくいサイトと判断される可能性があります。

階層は3から4くらいがSEO対策に適していると考えられています。

ホームページ制作で無視できないスマホ

ひと昔前までは、ホームページ制作といえばパソコン用のものだけを作るのが主流でしたが、現在ではタブレットもありスマホもあります。

またスマホの普及率は高く、ホームページ制作においては無視できないといえるでしょう。

パソコン用とスマホ用のホームページ制作を行っている会社もあります。なぜホームページ制作において手間をかけて、分ける必要があるかといえば、スマホでは画面が小さく、屋外で使う際などに細かい作業が困難な場合もあります。スマホ用のホームページ制作においては文字を見やすい様に少し大きめで作る事も求められるでしょう。

自由に作るのではなく、ユーザーに歩み寄る必要がありますね。

セキュリティーが大事なホームページ制作

個人情報の漏えい問題が社会問題となりつつある現在において、ホームページ制作を行う時にいかにして顧客の個人情報など、セキュリティーを守るかという事は課題といえるでしょう。

ホームページ制作をして、情報が漏えいすると、会社の信用度は下がってしまう事もあります。ネットショッピング機能付きのホームページ制作においては、クレジットカードの番号など非常に重要な情報を取り扱う事もあります。

その場合には、ホームページ制作の際に、セキュリティーの知識が必要になってくる事もあります。ホームページ制作の際には、セキュリティー対策をしっかりと施しながら、使い勝手がいいものに仕上げたいですね。